menu

三浦 真矢

三浦 真矢みうら しんや

平成29年入社
解体事業部 大卒

一流のオペレーターになることを目標に日々奮闘中です。

東輝建設ではどのような仕事をしていますか?

私は子供の頃からの夢であるオペレーターになるために解体手元作業を行っています。毎日重機のそばで散水などをし、重機の動きや操作などを見ながら作業しています。現場の事を、先輩達に聞いて、一つずつが勉強している状況で、大変なのですが、凄くやり甲斐を感じて、日々過ごしています。それによって、うまく行った時はとっても嬉しいです。

入社してみて東輝建設はどんな会社ですか?

私が想像していた『解体』という仕事はきつくて、危なくて、職人さんがとにかく怖いという印象がありました。実際、現場は危険が多く、仕事はきついし作業中の職人さんは怒るととても怖いです。でも、休憩時間や仕事外の時間ではとても優しく接してくれるし、楽しい事、時には美味しい物を用意してくれたりします。 また、作業に真剣に取り組む人には先輩は真剣に色々な事を教えてくれます。このようないい雰囲気の会社に入れて本当に良かったと思っています。

東輝建設に入社を考えている方に一言

今年の解体事業部には自分を含めて3人の新人が入社し、全員が新人として完全に一からスタートしています。先輩方には時には厳しく指摘されることがありますが、いつも丁寧に教えていただいています。現場に出るという事は危険な場面もあり、常に気を引き締めて取り組むため、時には疲れ切ってしまうこともあります。ですが仕事が分かってきたり、作業を早く取り組めるようになる充実感は、現場ならではの楽しみだと思います。東輝建設はそういう環境で仕事が出来る会社です。私もまだ分からないことだらけですが、もし入社を考えているならぜひ東輝建設の現場の話を聞きに来てください。きっとあなたの現場のイメージがガラリと変わります。